サーバー管理の現場において今まで役に立ったことをまとめた小ネタ集です。お役に立てれば幸いです。なお、不完全な情報や時代遅れになってしまった情報もあるかもしれませんが何卒ご了承ください。

Linux : サーバーからサーバーへ大量のファイルを転送する方法

作業例

サーバーの引っ越しをする際に、FTPやSSHを使ってパソコン経由できれば話は単純なのですが、ファイルが大量にありサイズが大きくなると往復の通信時間だけでも相当かかってしまうため、サーバーからサーバーへ直接送信すれば通信時間が半分程度で済んで便利です。
転送するファイルを圧縮ファイルにまとめる。
tar cvzf 圧縮ファイル名 圧縮対象ディレクトリ
サーバーからサーバーへファイルを転送する。
scp -C 圧縮ファイル名 OSユーザー名@転送先サーバーアドレス
-C は転送を圧縮して高速化するオプションです。

帯域制限をかけたい場合は(2048kBit/sの例)
scp -C -l 2048 圧縮ファイル名 OSユーザー名@転送先サーバーアドレス

ポート番号を指定する必要がある場合は(10022番ポートを使う例)
scp -C -P 10022 圧縮ファイル名 OSユーザー名@転送先サーバーアドレス